オークションのレンタル・CGI専門
オークションシステム専門
 
コンテンツ
ユーザーページ
登録No:
 パスワード:

[パスワードを紛失した場合]


  
 LWA-300 - 商用ライセンス用の機能 -
 |LWA-300システム概要レンタルシステム利用規定よくある質問と回答集
LWA-300商用ライセンスでは以下の専用機能をご利用頂けます。
  • 出品者を指定ユーザのみに制限(下記参照)
  • [取引状況]機能の利用(下記参照)
  • 最低入札単位の指定
  • 最高取り扱い金額の指定
  • 24時間以内に終了する出品が可能
  • 即落札出品(個数出品に対応)が可能(下記参照)
  • 評価機能を無効にすることが可能

出品者を指定ユーザのみに制限
LWA-300商用ライセンス下記図のように権限が4項目になります。

[個人/個人Bライセンス]
 
[商用ライセンス]

 出品者権限なし 
出品できません。

 仮出品者権限 
管理者経由で出品が出来ます。出品されると管理ページの出品待機リストにリストアップされます。管理者の確認の上、利用者の出品を許可したい場合にこの権限を与えます。

 出品者権限 
即時に出品可能な権限です。

 オーナー出品者権限 
オーナー限定機能(下記参照)をオンにした場合、この権限のユーザーしか出品できなくなります。オフの状態では通常の出品者権限として稼働します。

 オーナー限定機能(出品者を特定のユーザーに限定)
クリックして拡大
オーナー限定機能をオンにするとオーナー出品者権限を指定したユーザのみ出品が可能になります。他の権限では出品できなくなります。
クリックして拡大
LWA-300管理ページ側の登録ユーザー一覧ページでも現在の権限状況をご確認頂けます。オーナー出品者権限は複数のユーザに指定できます。

 出品フォームの非表示機能 
商用ライセンスではこのように一般ユーザーに出品させないような動作が可能なため、出品フォームを非表示にすることが出来ます。非表示設定にした場合は管理ページに[新規出品]メニューが表示されます。出品の度に管理ページへログインするのが面倒な場合や、複数ユーザにオーナー出品者権限を与えたが管理ページは共有させたくない場合は、ブラウザのお気に入りに登録して新規出品フォームのURLへ直接アクセスして下さい。一般の利用者に出品フォームへアクセスされる可能性はありますが、出品自体はユーザIDとパスワードで制限されています。

 「出品者権限なし」の意味は? 
仮にオーナー限定機能がオフである状態であっても全てのユーザを「出品者権限なし」に指定し、特定のユーザのみを通常の「出品者権限」を与えたとすると、出品可能なユーザを限定することが可能です。しかし「出品者権限なし」は意図的に管理者が出品権限をなくしたものです。「出品者権限なし」のユーザが出品しようとした場合「出品者権限がありません」というエラーが出ます。オーナー限定機能をオンにして出品制限をした場合、オーナー出品者権限以外のユーザが出品しようとすると「運営者・出品許可者以外は出品できません。」というエラー表示が出ます。

「取引状況」機能
購入者(落札者)に商品が現在どのような状況にあるのかを各出品者が商品毎に知らせることが出来る機能です。LWA-300を商品販売として使用する場合などにも大変有効で利用者にも安心を与える機能です。

取引状況の項目
  • [終了]
  • [連絡待ち]
  • [支払い待ち]
  • [発送準備中]
  • [発送完了]
  • [取引終了]

商品が落札された時に自動的に「終了」となり出品者は終了商品の詳細ページから取引状況を切り替えることが出来ます。

※出品者を限定しない場合など、多数の出品者がいるとき取引状況機能の利用にばらつきが生じる場合は落札者にかえって混乱を招いてしまう可能性があります。そのため取引状況機能は標準ではオフ設定になっております。利用される場合はLWA-300設定ページ商用ライセンス用機能の設定項目でオンにする必要が御座います。オフの場合は通常通り「残り時間」とメニューに表示されます。

即落札出品(個数出品に対応)
「開始金額=即決価格」で出品するとオークション形式ではなく即落札出品となり個数出品に対応させることが出来ます。本機能を利用することでオークションシステム内でショッピングカートとしての機能も併用させることが可能です。また、即落札出品の商品は下記図のように注目商品としてリストアップされます。
クリックして拡大



Copyright(C)2000-2018 GRAB SYSTEMS All Rights Reserved.